FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイアンのコツ

未分類
04 /30 2018
あなたはラウンド中に、一番どのクラブを多く使っているか意識したことはありますか?
パープレーで回っている方、スコアが100くらいの方、初心者の方など
、人それぞれで総打数は違うものの、おそらく、大半の人がアイアンで打つ場面が多いのではないでしょうか。
フェアウェイはもちろんの事、ラフやバンカーなどの様々な場所での使用頻度も多く、
スコアアップの鍵になっていると容易に想像がつきますね。

ドライバーは「飛ばす」ことが目的のクラブですが、
アイアンは狙った場所に「運ぶ」ことが目的のクラブです。
そのため、ドライバーのように遠くまで飛ばすことを求めるのではなく、
狙った位置まで飛ばすための、方向性と飛距離の「正確さ」が求められます。
フェアウェイでの使用が一番多くなるのは当然のことですが、
ラフやバンカーなど色々なコンディションの地面にも対応できるようになっているのが、
アイアンの大きな特徴でもあります。

アイアンは基本的には、ドライバーと同じスイングをしましょう。
スイングは同じなのですが、「ドライバーはアッパーブロー」、「アイアンはダウンブロー」で打ちます。
ここが混乱する1つの要因でもあり、とても大事なポイントでもあります。
この打ち方に違いがあると思われているのは、ボールの位置に関係しているのです。

アイアンとドライバーでは「ボールを置く位置」が違います。
それに伴いインパクトの位置、要は「クラブヘッドがボールを打つ位置」も違ってくるのです。
どちらも最下点(クラブヘッドが最も下がるところ)ではなく、最下点の前後でインパクトしているのです。
ですので、ボールを置く場所によって、下に向かって打つ(ダウンブロー)のか、
上に向かって打つ(アッパーブロー)かという違いがでてきます。
クラブヘッドの軌道や打ち方を変える必要は全くありません。
ボールを置く位置が変わり、重心移動が出来ていれば
「アイアンはダウンブロー」「ドライバーはアッパーブロー」と、自然になるものです。 

ダウンブローとは、スイングが最下点に達する前の、
クラブヘッドがまだ下降を続けている途中でボールを捕らえることを言います。
すくい打ちやアッパーブローで打つ打球とは軌道が変わります。







ダウンブローのメリット

バックスピンがかかり、ボールが止まりやすくなる
飛距離が伸びる
ターフが取れるかっこいいショットが可能になる

ダウンブローを打つ時の4つのコツ

ボールの位置を間違えないこと
ハンドファーストを意識すること
左右均等に体重をかけること
スイング軸を固定すること

となります。

「アイアンはこうやって打つんだ」なんて・・・たくさんの情報が溢れている今ですが、
結局のところ、大事なことは、まずは「正しいスイング」で「基本に忠実に」打つことなんです。
理想のアイアンって、要は理想のスイングなのです。
アイアンで狙った位置にボールが打てるように、
スイングやボールを置く位置に意識を向けてスコアアップを目指してください。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

しょうしま

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。