FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプローチのコツ

未分類
04 /30 2018
アプローチでのスイングをうまくいかせるポイントは

クラブを短く持つ
身体の回転で打つ

の2つです。
アプローチでは、クラブを短く持ちましょう。そうすることで操作性が増し、
大きなミスを起こりにくくします。
また、グリップする箇所が少し細くなるので指先でいつもより軽く握る感覚になり、
力まずにスイングのバランスが良くなることも期待できます。

近い距離になると手だけで距離を合わせようとする方がいますが、
手打ちはなかなかうまくいきません。
アプローチのようなまとまったコントロールショットではより
正確な距離感と安定したスイングが大切なので、身体の回転を使って打ちましょう。

アプローチはピンに寄せるために、スイングの技術だけではなく、正しい方向性や距離感も求められます。
アプローチを上手くいかせる為に知っておきたいポイントは2つです。

100切るまではPW(ピッチングウェッジ)で転がす
積極的に歩測する


スコアが100を切るまでは、クラブはPW1本のみを使い、
ピッチエンドラン・ランニングアプローチの2つの球種でアプローチをしましょう。
他のクラブや球種を使い分けるのはそのあとです。
なぜかというと、ゴルフは基本的に「いかに転がして寄せるか」を考えます。
ある程度安定したアプローチが出来るようになるまでは先ほど挙げた
ピッチエンドラン・ランニングアプローチのような、ミスに寛容で転がしで寄せていける
アプローチに絞って感覚を磨いて下さい。

ピンまでおよそ何ヤードなのか、できるだけ積極的に歩測をしましょう。
これは体の温まっていないスタート後の数ホールや食事明けの体が反応しにくいとき、
練習をサボりがちなとき等に起こしやすい大たたきを防ぐためにも役立ちますし、気持ちも落ち着きます。

ボールのある位置からピンまでのざっくりした距離に加えて、
できればピン周辺の傾斜やグリーン全体の傾斜も見れると良いでしょう。
目視では分からない下りの傾斜を見落として、ボールがあらぬ方向に
転がって行ってしまうような事態も防げます。
アプローチが上手だったり、100切りをしている人は
この歩測をしっかりしている場合が多いです。
とても効果的なのでぜひ習慣づけてください。







アプローチショットというと、多くの方がウェッジを使って打つという前提でお考えではないでしょうか?
もちろん、その考え方は間違ってはいませんが、
初心者にとってウェッジを使って短い距離でボールを高く上げるのは困難です。
選択肢としてウェッジもありますが、バッグに入っているクラブすべてが
アプローチで使えるクラブという考え方を持った上で、これからのアプローチショットの基本に取り組んでください。

とにかく「いかに転がして寄せるか」を考えましょう。
ある目標に向けてボールを投げる際、山なりに高く投げるのと転がすのではどっちが簡単ですか?
ミスを最大限に防いでプレーするのがゴルフだとすれば、
上げようとするより転がしたほうが確実で賢明な選択です
アプローチの基本中の基本として、まずは目的の場所に
転がして寄せられるかを考えてください。
もし転がして寄せられるのであれば、迷わずパターを選択しましょう。
ただそうもいかないのが現実。もしボールと目標地点の間に
池やバンカーなどの障害物がある場合、そこではじめて
「どれくらい浮かせて、どのくらい転がせるか」を考えてクラブを選びましょう。

転がしてのアプローチができない場合、また、比較的距離のあるアプローチショットの場合、
そこではじめてウェッジを選びましょう。同じウェッジでも打ち方によって
どれくらい高くあげてどれくらい転がすのかをコントロールできるので、
前項で解説したように、ピッチングウェッジ(PW)、アプローチウェッジ(AW)、
サンドウェッジ(SW)の3本のクラブそれぞれの特徴を掴んで、さ
らに振り幅を変えて打つことで戦略的に寄せていくのが常套手段です。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

しょうしま

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。