FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライバー 飛距離アップ

未分類
05 /07 2018
ドライバーが真っ直ぐ飛んだら、ゴルフってもっと楽しいだろうなぁと思ったことはありませんか?
ドライバーを持つとどうしても力みが入り、いつものスイングができなくなってしまいますよね!
今日こそはと思っても、結局いつもどおり曲がってOBか林の中……
うまくいかないことが多いと思います。
今回、ご紹介するドライバーを真っ直ぐ飛ばすための4つのポイントを押さえれば、
曲がるリスクをかなり抑えられるので、自信をもってドライバーを打つことができます。
自信を持って打てれば、真っ直ぐ飛ぶ確率もグンッと上がりますので、
ぜひ活用いただき飛距離・スコアアップにつなげてください。

まずは軸を安定させます。
ボールをまっすぐ飛ばすのに軸がブレたり
クラブの先端(シャフト)が曲がってしまうと
当然のごとく真っすぐボールが飛んでくれません。
そのため軸を安定させることが大切になります。

そのためには
クラブを短く持ちおへそにクラブの持ち手が着くように
構え、テイクバックのときにおへそから持ち手が
離れないように意識します。
この時肩を回転させるようにも意識することで
スムーズにできます。

ちなみに軸がぶれているとおへそに着けたままスイングは
できません。
軸のチェックをするにはうってつけの練習です。

スイングはちょうどおへその高さくらいまで
挙げてハーフスイングで振ります。

振るときもおへそから離れないようにします。

このスイングを体に染みつくまで練習します。
ある程度振って感覚をつかんだら実際に
ボールを打ってみてしっかり当たってまっすぐ飛ぶか
どうかチェックします。
最初まっすぐ飛ばすのは難しいですが
ひたすら練習して体に染み込ませましょう。

ちなみにボールを打つときは目線をブラさないように
しましょう。

この練習をひたすらやれば軸がブレず
手首も固定された良いフォームが
身につくのでまっすぐ飛ばせるようになるでしょう。







初心者の方は、正しいスイングを身に付けることから始めましょう!

基本になるのはアイアンショットのスイングです。
コースに出ると広くて、なかなか真っすぐ飛ばせませんよね。

力を入れすぎるとOBに、何てこともあると思います。
ショットのミスのほとんどは、アドレスとスイングが原因です。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

しょうしま

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。